駅近物件は人目も多くて安心

賃貸物件を借りるとき、駅近物件ならば家の周辺に人通りが多く泥棒がピッキングや窓ガラスを割って侵入するリスクを抑えることができます。また、会社や学校などから帰るときにも、帰り道に一人きりになることは防げるし、家にたどり着くまでの時間も短いというメリットがあります。不審者に後をつけられることも減るでしょう。特に、犯罪被害を警戒しなければいけない女性であれば、駅近物件を選ぶことで安心して暮らせます。さらに安全性を気にするのであれば、近くに警察署や交番のある駅が最寄り駅の物件にすると良いでしょう。そうすれば、トラブルが起きたときにすぐ駆けつけてくれます。

オール電化で火事のリスクを抑える

賃貸物件での生活では、火事が起きるリスクがあります。コンロのように火を使うものには特に注意しなければいけません。周囲にある布に引火したりガスが漏れて爆発したりすれば、たちどころに燃え広がってしまうでしょう。そこで、オール電化の物件を選べば、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターですから火がでませんしガスが漏れることもありません。高齢者子どもがいる家庭では、調理や暖房を安心してできるでしょう。

ここで誤解してはいけないのが、IHクッキングヒーターは絶対に火事にならないというわけではありません。揚げ物をしているときに、加熱し続ければ油が発火します。また、調理後は調理器具に面していたトップコートが熱を持っています。不用意に手で触れると火傷することになるでしょう。安全性を高めるためには、常に正しい使い方を心がける事が必要です。

千歳の賃貸住宅家賃相場は下落傾向にあります。2021年2月には平均で5.25万円でした。2022年の2月では、それが下落して5.05万円になっています。