賃貸物件のこだわり条件を決めておこう!

賃貸物件を探す時は、こだわり条件の優先順位を定めておきましょう。たとえば、駅近や日当たりの良さを譲れないこだわり条件とし、家賃や間取りは妥協しても良いという風に予め決めておくのです。このように決めておけば、不動産屋で複数の物件から選ぶ時に迷わずに済みます。間取りや面積だけでなく、収納や靴入れなどの広さや位置を重視しましょう。収納は多いほど便利です。広々した間取りでも、収納が少ないと棚やタンスなどの収納家具を入れなければならず、結局部屋が狭くなるからです。

築年数はあまりこだわる必要がありません。多少古くてもしっかりとした建物が多いし、リフォーム済みなら新築同様の快適な生活が可能だからです。

安全性を重視した賃貸物件の選び方

賃貸物件の選び方として、安全性を重視しなければなりません。まず、1981年6月以降に建てられた新耐震基準の物件を選ぶと安心です。新耐震基準を満たした建物なら、震度7の地震が起きても倒壊の恐れがないと言われています。また、それ以前の古い建物でも、リフォームで耐震性を高めてあれば問題ありません。木造建築なら、耐震性を高めるのは簡単です。また、失火しても火事になりにくい耐火構造の建物もおすすめです。耐火建築物なら、火災保険の料金も安くて済みます。

そして、一人暮らしの女性や高齢者であれば、セキュリティ設備の充実度が大切です。不審者や空き巣の侵入を防ぐため、オートロックやモニター付きインターホンをはじめ、防犯カメラや動体探知装置などが設置された物件を選びましょう。

登別の賃貸物件は、ファミリータイプの間取りから一人暮らし用の間取りまで揃っています。駐車場付きの物件もあります。