住む人に配慮した住宅設計

注文住宅を建てる場合は、住む人、世代を考慮に入れた住宅設計が大切です。例えば、子育て世代であれば、家事をしながら子供の世話をしたり見守ったりできるよう、リビングの広さや床の材質などを考えることができます。素足で子供が走り回れるよう、天然木の床にする方も多いようです。二世帯住宅を建てる場合は、お互いのプライバシーを確保できるようにするほか、程よいコミュニケーションがとれるよう、ゾーニングをポイントに設計します。自分や家族の老後を考えている方、すでに高齢者となっている方は、バリアフリーを重視して住宅を設計できるかもしれません。その際、在宅で介護をするケースを視野に入れて考えるとよいでしょう。

機能に着目した住宅設計

地球温暖化や環境破壊などの問題をきっかけに、高気密・高断熱住宅や省エネ住宅を求める機運が高まっています。四季を通じて快適に暮らせる家づくりは、家の快適性をアップさせるとともに、家族の健康にも配慮することになるため、注文住宅を建てる際に考慮したい点です。災害が多い日本では、耐震性や耐火性のある住宅設計も心掛けたいものです。

環境や住宅の安全性を重視したい方は、オール電化住宅を考えることもできるでしょう。太陽光発電などを組み合わせることで、住宅で使うエネルギー量を大幅に削減できるとともに、環境への配慮も実現できます。オール電化住宅で、IHクッキングヒーターなどを導入すると、日ごろの手入れも楽になり、キッチン周辺の壁や換気扇の汚れが少なくなるメリットがあります。

神奈川の注文住宅を検討されている場合、土地の相場が市で大きく異なるためハウスメーカーの選定が重要になります。