都市部の注文住宅を選ぶ人が多い理由

注文住宅を建てる場所として都市部を希望する人が多いのは、公共サービスの安定供給が期待できることが一因です。快適な生活を維持するには、家を建てる地域の自治体の運営状況を調べておく必要があります。例えば、今現在においてすでに資金力に余裕のない自治体、人口減少から税収が減って衰退していくと予測される自治体などは、将来的に安定的な公共サービスを提供できなくなる可能性があるわけです。

注文住宅を購入するときに、35年ローンを選ぶという人は少なくありません。完済に35年かかるのならば、その場所に少なくとも35年間は住むことを前提として場所を選んでいく必要があるわけです。人口が減少している地域よりも、増加している地域のほうが将来性という点で勝っています。

建売住宅より慎重に建てるべき理由

建売住宅は土地がセットになっていますが、注文住宅に関しては土地選びから始めていきます。土地のほかにインテリアやエクステリアなどの住宅設計にも施主の希望を反映させられるので、建売住宅では希望を満たせない人におすすめです。注意点は建売住宅より少しコストが高くなること、完成まで時間がかかるのでそれまで生活する場所を確保する必要があることなどです。コストを抑えつつ完成までの期間を早めるのであれば、セミオーダーという方法もあります。こちらは完全なる自由設計ではなく、建売住宅とフルオーダーの中間的な位置にあります。注文住宅はセミオーダー、フルオーダーを問わずに、土地を所有する人には適した選択肢です。

東京の注文住宅は、都心部も郊外も土地の広さや周辺環境に合わせた設計を自由に行うことが出来ます。特に郊外では、広い庭付きの設計を行うことが出来ます。