北海道、東北地方の特徴は?

日本は北と南で気候が大きく違う国です。そのため、場所が変わるとそこに建っている家も特徴が大きく変わります。家を建てるときはそう言った地域性にも気を配らなければなりません。北海道や東北地方は、冬になると極端に気温が下がり大雪が降る地域です。そのため雪が無尽蔵に降り積もる平らな形状の屋根は採用できません。大雪が降ったときの対処法として地面より一階部分を高くしたり、玄関を二重にするなどの工夫もされています。

東京の住宅の特徴は?

日本の首都である東京都は、とにかく人口が過密状態。いろいろな地域から人が流れ込んでいますが、それでも東京特有の特徴が住宅にあるのです。まず人口が多いので東京は土地の価格がかなり高くなっています。広い土地を確保するのが難しいので、小さな土地に上に長い建物が建っていることが多いです。近年は戸建ではなくマンションを希望する人も多いですが、東京は特にその傾向が高いと言えます。また、土地が狭いと必然的に隣との距離が近くなるので、防音性の高い建物が好まれます。

沖縄の住宅の特徴は?

日本最南端の沖縄は、独自の文化風土と特徴的な気候条件から、住宅も独自色が強くなっています。沖縄は台風がとにかく多いため、その被害を少しでも減らすため平屋建てが好まれる傾向があります。また建物の強度を上げるためのコンクリート建て、網入りや分厚いガラスで飛散を防ぐなどの台風対策も行われています。また沖縄は一年通して温暖なので、気密性より風通しの良さを優先している人が多いです。ご近所づきあいを重視する気質から、ゲストルームを作ったりリビングを広くするなどして、人が集まりやすい家造りをする人が多いです。

横浜の注文住宅は、地方都市に比べて価格が高くなりがちですが、横浜という特別な土地に自分の思い通りの家が建てられるということで、多くの人にとって夢でもあります。