北海道の賃貸物件の特徴

北海道では新築などの築浅物件を重視する傾向があるので築30年以上の木造でワンルームという条件であれば、札幌中心部や駅近物件でも2万円台から賃貸が可能です。北海道の賃貸物件の特徴は、暖房器具や二重窓などの冬対策がしっかり行われている物件が多いことです。北海道の賃貸物件は、冬の厳寒な寒さを乗り切るために暖房器具が取り付けられているケースが多いのが特徴です。ほかの地方の賃貸物件のように暑さ対策でエアコンがついている賃貸物件はそこまで多くはありません。近年の北海道は、年々暑さが厳しくなってきている傾向がありますが、昼間は真夏日を記録していても夜は涼しくなるケースが多いので道民の間ではまだエアコンが普及しきっていないからです。

冬の暖房費に注意!暖房設備は必ずチェック!!

北海道に住むにあたり、冬の暖房費というのは無視できない存在です。暖房器具がガスなのか、石油なのか、電気なのかによって、コストが大きく変わります。石油暖房は輻射熱で部屋内をしっかりと温めてくれますが、給油の手間や独特の匂いが苦手という方もいます。ランニングコストも石油の価格に左右されるため、安定しません。ガス暖房はすぐに部屋を暖めることができますが、都市ガスかLPガスかによっても値段が大きく違います。LPガスは廉価傾向になってきているものの、都市ガスに比べるとまだまだ高いので使用するガスの種類によっては暖房費が数倍違うこともあります。賃貸物件は物件を所有するオーナーさんが決めたガス会社を使うことになるため、賃貸物件を契約した後に暖房費が高くても業者の変更ができません。北海道で賃貸物件を選ぶときは、暖房器具をしっかりとチェックしてから契約することをおすすめします。

札幌東区の賃貸物件の情報は駅前に林立した不動産業者をいくつか訪ねてみると、自分に合った物件が見つかりやすいです。