必要最低限をモットーにした家造りを

お金をなるべくかけずに家造りをするなら、必要最低限を意識しましょう。家造りでは予算をオーバーすることが多いですが、これは希望が多いことが大きな理由です。希望をすべて実現したい、妥協は絶対にしたくないとなれば、費用が高額になるのは必然です。一方で大金をかけて仕上げたのに、ほとんど使用しない設備があったという声が少なくありません。

例えば、頑丈なカーポートを導入しても、降雪の少ないエリアではあまり意味がないわけです。ローコストの家造りのポイントは、本当に必要な設備以外は除外していくことです。ほとんど使用しない設備に対して数十万円をかけるのは、費用対効果がいいとは言えないでしょう。家造りにおいては何が必要で、何が不要か見極めることが重要です。

まずはシンプルな家造りから

家造りにおいてこだわりの設定は必須ですが、こだわりが多すぎるとコストが大きくなってしまいます。そこで最初はシンプルな家造りをして、実際に住んでから必要だと感じた設備に関しては、リフォームで追加していくという方法がおすすめです。多機能な住宅は確かに便利ですが、多機能であるほど施工費用は高額になります。また維持やメンテナンスの費用がかかりますし、部屋が狭くなりやすい問題もあるのです。

シンプルな家は建設費用が安いだけでなく、維持やメンテナンス、修繕費用なども抑えられます。さらに設備が少なければ、広々とした空間を実現できます。土地の面積に余裕がない、家族が多いといった家庭ほど、シンプルな設計にするメリットが大きいわけです。

夢の注文住宅を建てたいと考えているもののあまりお金をかけたくない人は、ローコスト住宅を検討すると良いでしょう。