賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスはオフィスデザインやレイアウトが自由自在です。レンタルオフィスはデザインがすでに決められた状態で借りますが、賃貸オフィスは自分たちで決められるため、個性を出せます。企業のアピールにもなるので、凝ったデザインにする企業が多いです。また、オフィスの管理は基本的にオーナーや管理会社が行います。そのため、メンテナンス費用がほぼかかりません。さらに、契約期間が2年以上と長期であるため、企業の信頼性を高めることもできます。取引先や金融機関から信用を得られれば、スムーズに事業を進めることも可能です。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスはレンタルオフィスと違い、机やイス、インターネット環境などが整っていません。事業を始めるまでに時間やコストがかかりやすいため、余裕を持って行動しなければなりません。利用を開始できるまで最低でも2週間ほどかかります。レイアウトやオフィスデザインを一から決めるとなるとさらに利用開始までに時間がかかるため、注意しましょう。また、賃貸なので毎月家賃や光熱費を払わなければなりません。さらに、事業拡大に伴ってオフィスを移転する場合も、費用や手間がかかります。このように、賃貸オフィスは主にコスト面でデメリットが目立ちます。

賃貸オフィスが向いている企業とは

賃貸オフィスは坪単価が低い傾向にあります。レンタルオフィスと同じ金額でも、より広いスペースを借りることができるのです。そのため、従業員数や事業で使う備品が多い場合、賃貸オフィスが向いています。

港区で賃貸事務所を借りるメリットは、港区は高級エリアなので会社としてブランドを得ることができるところでしょう。