家事動線を考えることで負担が減る

注文住宅の動線を調整する際には家事の負担を減らすことを考えて、キッチンと物干し場を離れたところに作らないように注意してください。キッチンから遠い位置に物干し場を作ると、キッチンで調理をしてから洗濯物を干そうとするだけで、移動する距離が長くなって家事の負担も大きくなります。いくつかの家事を同時に行ってもストレスが溜まらないように、家事動線を工夫することも重要だと意識して、注文住宅の間取りは専門家に相談しながら決めてください。

棚の扱いやすさも重要

快適に調理を楽しめるキッチンデザインを目指す際には、調理器具を棚から出すのが大変なキッチンにならないように、棚の選び方にも注意してください。可動式の棚を最初から取り付けておくことで、足腰が弱っている人でも棚の上部にある食器を簡単に取り出せます。手動ではなく電動で上下に移動できる棚も売られており、利便性を意識したキッチンデザインを目指す方々に最適です。床下収納のあるキッチンもおすすめで、床下の空間を活かすことで棚のスペースに余裕を持てます。

家族の様子を見ながら調理をする

これから子供が生まれてくる予定がある家庭や、小さなお子さんがいる家庭が注文住宅を作る際には、キッチンで調理をしている最中にお子さんの様子を見守れる設計にするのが理想的です。対面型のキッチンデザインを選ぶことで、お子さんから少し目を離した隙にトラブルが起きないように対処できます。近くにいる家族と会話を楽しみながら、調理をしやすいのも対面型キッチンを選ぶ利点です。

注文住宅を購入するとなると、とてつもない費用がかかります。ですから、適当に選ばす、丁寧に探していくことが重要です。